コンビニ研究家、田矢信二のTV出演密着リポート!(テレビ愛知 「サンデージャーナル」編)

2017.01.13

25

SRC

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81_%e7%94%b0%e7%9f%a2

ライターの安岡です。

今回は、サーベイリサーチセンター大阪事務所の社員にして、なんと日本で唯一の『コンビニ研究家』である田矢信二のテレビ出演に密着してきました!! 

田矢は、コンビニ業界で長く勤務した経験を弊社で活かしつつ、同時に『コンビニ研究家』として、数多くのテレビやラジオに出演しています。
今回は、その一つに同行しましたのでご紹介いたします。

今回、密着した出演番組は・・

さて、早速ですが、
気になる出演番組は・・・こちらです!!

  『テレビ愛知 サンデージャーナル』(日曜15:00~)

出演者は、石原良純さん、メッセンジャー黒田さん、いとうまい子さん、ゲストとして経済ジャーナリストの須田慎一郎さんという顔ぶれでした。

いよいよ密着開始!

%e5%86%99%e7%9c%9f2

朝は名古屋駅にて待ち合わせ。
田矢は、前日に東京で別の収録を終えてからの名古屋入りです。

%e5%86%99%e7%9c%9f3

外は快晴!
すぐにタクシーに乗り込みテレビ愛知へと向かいます。

%e5%86%99%e7%9c%9f4

5分ほどでテレビ愛知に到着!
いよいよテレビ局という未知の世界に入ることになり、胸が高まります…

%e5%86%99%e7%9c%9f5

中に入りADさんに案内されて楽屋へ!

%e5%86%99%e7%9c%9f6

嫌がる田矢に頼み、楽屋前で1枚!
あきらかにノリ気でないのが表情から見て取れます。(笑)

%e5%86%99%e7%9c%9f7

こちらが台本です!
(隣の本は田矢の著書です!アマゾン等で大好評発売中!)

 %e5%86%99%e7%9c%9f8

この台本に沿って、
プロデューサーの方と綿密に打ち合わせを行います。

30分以上にわたってみっちりと打ち合わせを行っていました。

いよいよ本番!

%e5%86%99%e7%9c%9f92

打ち合わせもおわり、いよいよ本番です。
楽屋からスタジオに移動すると、すでにセットも整い、準備万端です。

そして、続々と出演者の方が集まっていらっしゃいました。

私はスタジオの隅で、出演者の関係者と思われる方たちと一緒に、収録をドキドキしながら見ていました。 

出演者の方々が集まって約10分後、番組収録が始まりました。

image1

冒頭でコンビニ研究家として紹介される弊社田矢。
社名もバッチリ映っています!テレビ愛知様、ありがとうございます!

さて、番組では・・・

今回は、『愛知を制すれば全国を制す!?  激戦“コンビニ”3つのギモン!』をテーマに

(1)愛知県民が好きなコンビニブランドは?
(2)愛知発の“女性向け”コンビニ!?
(3)愛知県でコンビニから“最も遠い家”って!?

という3つのトピックスを中心に、番組が進んで行きました。

 (1)愛知県民が好きなコンビニブランドは?

愛知県というとサークルKが多い印象もありますが、じつは一番人気のコンビニはセブンイレブンなのだそうです。

「なぜセブンイレブンがそんなに人気なのか」という疑問に対して、田矢は、「関西に出店した際に苦戦した経験を分析し、それを名古屋への出店の際に活かすことができたから」と解説していました。

 (2)愛知発の“女性向け”コンビニ!?

ここでは、働く若い女性をターゲットにイオンが出店した『DELACO』をとりあげていました。

田矢は、大手スーパーを経営するイオンが『DELACO』を出店した意図として、スーパーがコンビニをライバルとして意識するようになった、すなわち、「コンビニがスーパーの競合として成長してきた」と解説していました。

※DELACOについてはこちらをご参照ください!(http://www.delaco.jp/index.html

 (3)愛知県でコンビニから“最も遠い家”って!?

ここでは、愛知県の中で最もコンビニから遠い家を検証し、なんと車で最寄りのコンビニまで1時間以上かかる民家が紹介されていました。

郊外に行くとコンビニにアクセスしづらい場所もまだ多くあるようです。

この点について田矢は、「コンビニから遠い方たちや、お年寄りの方の為に商品の配達サービスを行っているコンビニもある」と紹介し、「コンビニが、お客様にさらなる便利さを提供するべく、限定的ではあるものの、配達という新たな試みを実施している」と説明を加えていました。

収録終了!

一時間半ほどで収録は無事終了!

最後には共演者の方と記念撮影をしてスタジオを後にしました。 

今回、私は初めてのメディア同行ということで、緊張していましたが、同時に、普段見ることのできない世界を垣間見ることができ、楽しむことができました。 

今後もこういった新たな試みを通して、弊社を広く知って頂けるよう、より一層努力していきたいと思います!

 

この記事を書いた人

安岡 亜寿香大阪事務所 MR課

大阪事務所MR課所属。 現在は病院向けの調査を主に担当している。 巳年生まれ。

スポンサードリンク