お知らせ!〜森林環境譲与税の活用に向けて~

2019.12.09

5

行政のおはなし

こんにちは。ライターの一杉です。
今回は森林環境譲与税の活用のお知らせです。

森林環境譲与税の活用に向けて

2019年度から、自治体には森林環境税の譲与税の配分が始まりました。
国民への課税は2024年度からになるため、当初は200億円の基金でスタートしています。

自治体には、私有林の人工林面積、林業就業者数、人口、で按分された額が譲与されます。

 川上の山間部自治体、川下の都市自治体、その中間にある自治体、いずれの自治体にも譲与税が配分され、森林整備や担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等、何にいくら使用したか、その使途を公表することが求められています。

 自治体の皆さまは、総合計画を頂点とする様々な長期短期の計画のもとに行政運営を進めておられることから、森林環境譲与税についても理念や目的、考え方などを整理したプランのもとに使途を決定されることをお奨めしています。

 私たちは、今後毎年度配分される森林環境譲与税を、計画的・効果的に活用するため、様々なソリューションを提供いたします。
どうぞお気軽にお問い合わせください!(お問い合わせはこちらから

 

この記事を書いた人

一杉 浩史

専門はまちづくり。自治基本条例や総合計画、地方創生総合戦略などの策定を支援。何足のわらじを履いているか自分でもわからない(笑)。

スポンサードリンク