意外と面白い! 調査会社のホームページ

2020.05.26

8

統計のおはなし

こんにちは、ライターの田原です。
いつも調査や分析について書いていますが、今回はちょっといつもとは毛色が違う記事です。
リサーチャーという仕事をしていると、クライアントとの会話の中で、「こういう調査結果がありまして」というような引用が必要な場面がよくあります。
そのため、リサーチャーは日々様々な情報媒体に目を通して、調査結果をはじめとする様々な情報をインプットしています(情報のインプットが必要なのはリサーチャーだけではないと思いますが)。
今回は僕が目を通している情報媒体の一つで、最近改めて面白いなと思う、調査会社のホームページについて面白い点をご紹介します。

調査結果レポートが面白い

ほぼ今回の記事の8割くらいに相当するのですが、各調査会社が発信している調査結果レポートを見てみるとを見てみるととても面白いです。
調査会社の多くは、自社で調査した結果をレポートとして公開しています。
弊社でもホームページの上段に「自主調査レポート」として色々と調査結果を紹介していますね。

自主調査レポート(当社ホームページ)

この調査結果レポートは会社の顔ともいえる調査結果なので、どこの会社もかなり力を入れている印象を受けます。また、レポートの内容もかなり読みごたえがあり、面白いものばかりなので、全部読んでも損はしないレベルです。

ちなみに弊社の自主調査レポートを見てみると、防災・災害や福祉に関するものが多いですね。これは会社としての強みも表していると思います。リサーチャーになりたい方々は、こういった点を見て、会社の得意とする分野を判断してもよいかもしれません。

用語解説が面白い

調査会社のホームページには、用語解説があるところが多いです。
調査や統計解析をするにあたって、特有の単語が出てくることが多いので、記載しているのだと思います。

ここで着目すると面白い点は、どういった用語を解説しているのかという点と用語解説の中身です。
用語解説自体を読むだけでもかなりの勉強になりますが、色々な会社の用語解説を見て、比べてみるのも面白いです。
「この会社はこういった用語を取り上げているんだ」とか、「こういった説明をするんだ」とかいろいろな発見があってとても面白いです。
ここにも会社のカラーが出ていますね。

弊社のホームページを見ると、行政計画の説明や交通量調査の説明があり、3つの分野(3つの分野についてはこちらをご覧ください)を有する弊社の強みが出ているのではないかと自負しております。

会社独自のコンテンツが面白い

調査結果レポートや用語解説はホームページ掲載コンテンツとしてはメジャーなのかなと個人的には思いますが、それに加え、様々な独自コンテンツを掲載しているところがあります。
弊社を例とすると、現在皆さんがご覧になっているコラバドですね。
自主調査レポートに加え、弊社の研究員が独自に情報発信等を行うコンテンツとなっています。
こういった独自コンテンツを見てみることで、色々な情報を得られることも多いです。

終わりに

今回は調査会社のホームページの面白い所をご紹介しました。
今回ご紹介した点はとても面白いですし、リサーチャー希望の方々もこういった点を見ることで、会社の強みやカラーがわかります。
弊社のホームページを是非見てみてください。

 

この記事を書いた人

田原 歩

最強の男

スポンサードリンク