どんな統計ソフトがおすすめ?

2021.12.10

0

統計のおはなし

こんにちは、ライターの田原です。
前回は、統計解析ができるようになるために必要なこを紹介しましたが、今回はその続きというか、実際にリサーチャーである僕がどんなソフトを使っているのかをご紹介します。
完全に使ってみた個人的な感想であり、人によってあうあわないみたいなものもあるので、その点はご注意ください。

STATA

STATAは僕が仕事で使っているメインソフトです。
学生時代も使っていたので、一番長く使っているからなんとなくという面もありますが、他のソフトを色々触ってみても結局STATAに戻ってくるなといつも思うくらい使いやすいソフトです。
一応メインはSPSSのシンタックスみたいにプログラムというかコマンドを打ち込んで使う形式なのですが(GUI形式で操作もできるみたいですが、使ったことありません)、難しい分析は別ですが、直観的にコマンドを打ち込んで操作できる点はとても便利だなと思います。
DOファイルが便利とか色々あるのですが、個人的には一番このソフトが交互作用項を使う際にコマンドが楽だなと思います(僕が交互作用項をよく使うというのもありますが、、、)。
長年使っているというのもありますが、日本語版の書籍もありますし、お高いですが、STATAオフィシャルの分析用書籍もあるので、英語が苦手!という人でも扱いやすいかなと思います。
またソフト自体のお値段も特別高いというわけではないという点もお勧めするポイントです(個人で買うには高額ですが、、、)。

R

超有名フリーソフトですね。
R言語というプログラム言語がわからないと扱えないですが、このソフトを使えればほぼすべての分析ができるといっても過言ではないと思います。
研究者の中でもこのソフトを使っている人が圧倒的に多いのではないかと思います。
僕も、個人でデータ分析する際は、Rを使います(本当はSTATA欲しいですが、僕個人のお小遣いでは到底買えないので、、、)。
世界中の人がいろんなパッケージを開発していたり、Q&Aもネット上でたくさん公開されていたりします。
日本語書籍も膨大なので、安心です。
繰り返しになりますが、このソフトはフリーソフトなので、思い立ったらすぐにインストールして使えます。
とりあえずR使っとけば問題ないとは思うのですが、大きなハードルはR言語です。
プログラム言語に抵抗が無ければ、即Rをお勧めするのですが、プログラム言語というフレーズで顔をそむけたくなる人にとっては、お勧めしません。
ある意味で、プログラム言語に慣れるために使うというのもあるのですが、統計解析系統に特化しているので、そういうアプローチは個人的にはお勧めしません。

Python

これまた超有名ソフトです。
僕は基本的にはSTATAかRなのですが、スクレイピングとかするのに使ったりします。
個人的な感触では、RよりもPythonの方が理解しやすいかなと思うのですが、まだ僕も最近使い始めたので、多くは語れません。
機械学習とかそういうのが得意なソフトなので、これから何かプログラム言語を勉強したいと思うのであればPythonを使い始めるのがお勧めかもしれません。
あとネット上にいっぱい情報も載っていて、書籍も多くあり、またフリーソフトなので安心です。
これは僕の偏見かもしれませんが、エンジニア系の人が良く使っているイメージがあります。

そのほかのソフトや気になるソフト

このほかにもHADとかもうちょっと使っているソフトはあるのですが、僕が使っているメインのソフトはこの3つです。
一番有名なSPSSは?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、僕はSPSS使ったことないので、わかりません。
とりあえず導入に向けたハードルを考えて、このソフトを使おうと決めちゃった方が良いかもしれません。
いろんなソフトに手を出し過ぎるのも良くないです(いろんなソフトに手を出している僕が言っても説得力ありませんが、、、)。
ただ、最近個人的に気になっているソフトもあるので、そこだけサラッとご紹介します。

JASPという統計解析ソフトです。
フリー,フレンドリー,フレキシブルをテーマに開発されたソフトで、フリーは無料、フレンドリーはGUI形式で操作可能、フレキシブルは頻度論統計とベイズ統計を選択できるという点みたいです。
日本語版も出ているみたいで、ベイズ統計に慣れるという点ではすごく良いのかなと思います。
また、仕事が落ち着いたら、家で使ってみようかなと思っています。

終わりに

僕が使っているソフトと気になっているソフトをご紹介しましたが、個人的には圧倒的にSTATAが使いやすいです。
統計解析をメインでやろうと思っている人はR、統計解析だけじゃなくて他のもという人はやっぱりPythonなのかなと思うのですが、一番は自分が使いやすいものを選ぶことです。
触ってみないとわからないことも多いので、一度統計解析ソフトを使ってみて考えるのも一手かもしれません。

ここまで色々紹介してきて、正直、

「STATA使いやすいけど、統計解析に特化するならRが良いよなー、でもPythonの方が汎用性あるしなー、でも新しくでたJASPも気になるなー、結局全部やるかー」

というどっちつかずが本音です。

 

この記事を書いた人

田原 歩

最強の男

スポンサードリンク