2021年もありがとうございました! 年末のご挨拶と年末年始休暇のお知らせ

2021.12.24

0

SRC

2021年も大変お世話になり、ありがとうございました。

今年も、新型コロナウイルスの話題を避けて通ることができない年となってしまいました。皆さん、何らかの影響を受け、様々なご苦労をされてきたものと思います。

このような状況の下で国は、年明け早々の1月7日に、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県を対象とする第2回緊急事態宣言を発出しました(3月21日に終了)。

また、4月23日には、東京都、京都府、大阪府及び兵庫県を対象とする第3回緊急事態宣言を発出し、9月30日の宣言終了までの間に数回の区域変更や期間延長を繰り返す事態となりました。

皆さんもご承知のとおり、現在の感染状況は落ち着きを見せてはいますが、新たにオミクロン株の国内感染者が確認されるなど、未だ予断を許さない状況が続いているといえます。

また、今年は、新型コロナワクチンの接種が行われた年となりました。
現在の感染状況の落ち着きは、ワクチンの効果といえるのかもしれません。
2月には医療従事者への接種が始まり、4月には高齢者への優先接種が始まりました。
その後、順次、一般の方への接種が開始され、12月21日現在、1回以上接種した人は79.1%、必要回数の接種を完了した人は77.7%(首相官邸発表)となっています。

新型コロナ関係の情報は尽きませんが、2021年のその他の出来事も振り返ってみましょう。

2021年は・・

2021年1月には、アメリカでバイデン大統領が就任されました。
7月には東京2020オリンピック、8月には東京2020パラリンピックが行われました。
オリンピックで日本の選手は58のメダルを獲得し、パラリンピックでは51のメダルを獲得しています。
10月には岸田内閣が発足し、衆議院選挙も行われました。
新たな政権の下では、どのような政策が実施されるのでしょうか。
すべての国民が幸せに生きられる国であることを期待したいですね。

ちなみに、2021年は、多くの宇宙旅行が行われた年であることをご存知でしょうか。

前澤友作さんが12月に、12日間の宇宙旅行を成功された話題は記憶に新しいところですが、2021年に宇宙に行ったのは、宇宙飛行士18人に対して、民間の宇宙旅行者は22人だそうです。

さらに、2021年9月には、アメリカのスペースX社が「インスピレーション4」という地球周回プロジェクトを成功させています。
このプロジェクトが凄いのは、4人の民間人だけで地球上空約600キロを3日間周回して地球に帰還している点です。
これを民間企業がサービスとして提供しているのですから、驚きですね。
これからは、宇宙が身近になる時代が加速度的に到来するのかもしれません。

<参考>
日本放送協会. “前澤友作さん乗せた宇宙船がドッキング 日本民間人初ISS滞在へ”. NHKニュース. 202112月8日 (画像はイメージです)

2022年はどんな年?

2022年はどんな年になるのでしょうか。
新型コロナウイルスへの感染状況を踏まえて国は、1月中旬から2月頃を目安にGoToトラベルの再開を検討しています。
旅行業関係者や旅行ファンの皆さんには嬉しいニュースですね。
しかしながら、新型コロナウイルス感染症が撲滅されたわけではないので、これまで通りの予防対策を続ける必要があると思います。

また、北京2022冬季オリンピックが開催されます。
これも楽しみなニュースではありますが、アメリカによる外交的ボイコットが表明され、オーストラリアやイギリスがこれに追随しています。
どのような大会になるのか、少し心配ですね。

市町村行政の現場では、介護保険事業計画をはじめ、障害福祉計画・障害児福祉計画、健康増進計画(健康日本21計画)の策定に向けたニーズ調査の実施等を予定されている自治体が多いと考えられます。
当面の間は、どのような施策や計画を検討するにあたっても、新型コロナウイルスの影響を検討することが求められることになりそうです。

年末年始休暇のお知らせ

最後に、年末年始休暇のお知らせです。

誠に勝手ながら、弊社は1229日から1月4日まで、年末年始休暇とさせていただきます(一部の調査プロジェクト等は、この期間も稼働いたします)。 

2022年が、皆さまにとってよい年となりますことを、心より願っております。

 

この記事を書いた人

山村 靖彦

コラバド編集者。専門は社会福祉(社会福祉士)。主に、地方自治体の調査や計画策定業を支援しています。

スポンサードリンク